ローディングイメージ1
ローディングイメージ2 ローディングイメージ3 ローディングイメージ4 ローディングイメージ5

イメージ:メイン画像_PC用イメージ:メイン画像_SP用

INTERVIEW土井地 博ビームス コミュニケーションディレクター

2018.6.8 Update

Scroll

↓

share on

  • フェイスブック
  • ツイッター
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ライン
  • グーグルプラス

イメージ:インタビュー01_PC用

FES Watch Uは
全オケージョンに
合わせて“装う時計”!

Sonyから時計《FES Watch U》がリリースされたと聞いて、ずっと気になっていました。実際につけてみると、今までに味わったことが無い感覚ですね。もはや、“時計と呼んでいいの?”と思うくらい時を知らせるツールという枠を越えて、手首を装うファッションアイテムになっています。
デザインはとてもシンプルだけど、そこにアートの要素が含まれていて、とてもSonyらしい。ちょっとしたポップさがあるから物足りなく感じないし、まさに大人が満足できるバランスですね。
40代になって徐々に着こなしがシンプルになってきたこともあり、シックな服に合わせやすいモノトーンの配色も自分好み。
試しに操作してみてもいいですか‥‥?

イメージ:インタビュー01_SP用

イメージ:インタビュー02

休日は“コレ”って
決めてリフレッシュ

これほど表示が豊富だと迷いますねー。 直感的には、80年代っぽいレトロな柄「PAPIER TIGER “STRUCTURE”」が今の気分です。チーフやスカーフみたくジャケットスタイルを飾るドレス小物のような感覚で取り入れるのも“あり”ですね。

休日なら、このウィークリー表示「Fashion Entertainments “DYNAMIC”」かな。バンド部分に小さく時刻が表示されるから、時間に縛られず、とても有意義な余暇を過ごせそう。

イメージ:インタビュー03_PC用イメージ:インタビュー03_SP用

イメージ:インタビュー04_PC用

気分が変わっても、
その日にぴったりな
柄が見つかる。

最近は、LA、NY、ロンドンなど、海外出張が多くて、現地の空気を吸うと、日本とは少し気分が変わることがあるんです。例えば、いつもと違う服装を楽しみたくなったり…。そんな時でも、ワンタッチで好みの表示に変えられるから、時計を着け替える必要がないのもいいな、と。家族との記念日など年一回のための柄選びなんかも楽しめて、きっとこれ一本で全オケージョンに対応できますね。夏から秋にかけてリネンからウールに衣替えすれば、また選ぶ表示が違うだろうし、随時、新しい表示が更新されるということなので飽きもない。ちなみに、クリエイト機能を使えば、企業やブランドとのブートっぽい自作のカスタマイズも楽しめるってことですよね!? これだけオリジナリティを出せれば、自分の映し鏡のように愛着が湧いてきそう。
今後、着用者がお互いに画像データを交換するようなコミュニケーション機能が追加されると面白そう。そうなったら、もはや時計ではなく、何と呼べばいいんだろう……。更なるイノベーションに期待しています!

イメージ:インタビュー04_SP用

SELECT "FES Watch U" DESIGN

土井地さんが選んだ3柄

  • PAPIER TIGER “STRUCTURE”

    PAPIER TIGER “STRUCTURE”

    チーフやスカーフでありそうな80年代を彷彿とするレトロなパターンは、ジャケットの相棒として着こなしのアクセントにしたい。

  • Fashion Entertainments “DYNAMIC”

    Fashion Entertainments “DYNAMIC”

    基本的に土日休みなので、大きく「S」が表示される日は気持ちもオフモードに。時刻表示を消す設定にして、時間の流れを忘れて休日を満喫したい。

  • Fashion Entertainments “Dot”

    Fashion Entertainments “Dot”

    2色で表示される電子ペーパー素材だからこそ、チェックや縞模様よりもミニマルなドット柄が映える。カジュアルな装いに、アクセサリー感覚で取り入れたい。

イメージ:インタビュー05

土井地 博

ビームス コミュニケーションディレクター

どいじ・ひろし/1977年生まれ。ショップスタッフを経て、プレスに就任。現在は、ビームスの全事業のプロモーションを統括。マーケティング戦略や販売促進に関わるプランニングも行なう。

share on

  • フェイスブック
  • ツイッター
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ライン
  • グーグルプラス